スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CM「インテル まゆげ篇」の発想がすごい - 23藤原

CM紹介シリーズ第2弾です。
(そんなシリーズを作るつもりはないですが…)

早速ですが、そのCMがこちら。



前回の記事では「方向性」が大事と言いましたが、今回は「発想力」です。
物語の発想は一見有限そうに見えますが、音楽などと同じように、びっくりするほどの数が生産されています。

我が放送部では、ラジオドラマやテレビドラマを制作して大会に出品するのが主な活動の一つです。
大よそのテーマを決めた後に各自で物語を創作して持ち寄るのですが、なんとなく聞いたことある話、というのが時々出てきます。
その話を持ってきた部員には、もちろん何かの真似をしようとしたつもりはないはずです。
しかし、人類が誕生してからうん百万年(諸説あるらしいですが)と経った現在、たくさんという言葉では表せられないほどの物語の発想が生まれています。
ちょっと時間をかけて考えた物語なら、今まで生み出されたどれかと被っていても不思議ではないと思います。

しかし、たくさんの時間とみんなの力を精一杯注いで創り上げた作品が、何かと似ていると指摘されたら、とても悲しいどころではないと思います。
そうならないために、今まで生きてきた星の数ほどの人間が全く思いつかなかった発想を搾り出すことがとても大事です。

…こう書くのは簡単ですが、難しいですよね実際。

発想力を鍛えるためには、普段から色々な芸術作品に触れることが大事だと思います。
特に、発想や手法に驚かされる、インスピレーションを与えてくれる作品に。
手っ取り早くという意味では、15秒~30秒で完結するCMを見るのがいいのではないでしょうか。
審査員を含めた会場中の人を驚かせるような作品を生み出すことができるように、部員みんなで頑張っていきます!



さーて、俺にもインスピレーションが降ってくるのを待つとしようか


以下CMの感想。

» 続きを読む

スポンサーサイト
TAG :
写真・動画
参考資料

CM「Google検索ストーリー」がすごくおもしろい - 23藤原

ドラマ原稿を書き始めるにあたって、まず物語の方向性を念頭に置く必要があります。
シリアスに攻めていくのか、わくわくと楽しませるのか、ギャグに突っ走るのか…
いずれにせよ、見ている人をぐっと引き込む・共感させることが大切です。
(前置きなので結構自論です。)

そんな難しいテクニックを実現できる方は世界にはたくさんいらっしゃいます。
少し前から気になっていたものがこれ。




たった30秒なのに、なんでしょうかこの和やかな気分は。
これやこれに似たCMを最近テレビで見かけると思います。
お分かりかと思いますが、これは、検索エンジンなどを提供しているGoogleのCMです。
こちらで他の作品も見ることができます。
そう、これは作品と呼ぶに値すると思います。


どんな検索にも物語があるから。30秒の「グーグル 検索ストーリー」


有名なタレントが出ているわけでもなければ、手のつけようがない程難しい技術を駆使しているわけでもない。
まさに放送部が目指す方向そのままではないでしょうか。

放送部では時々、各自が気に入った作品を持ち寄って鑑賞会を開き、それぞれの作品の批評を行います。
映画やドラマにもすばらしいものが多いのですが、どうしても間延びしてしまうので、次はこういう物を持っていきたいなと思いました。


おまけ

» 続きを読む

TAG :
写真・動画
参考資料
RSS
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


リンク
1日1クリックでブログを応援
 にほんブログ村 高校生日記ブログ 高校 部活(文化系)へ 
 にほんブログ村 高校生日記ブログへ 
 fc2brogranking 
 人気ブログランキングへ 
 blogram投票ボタン 
 ベスト進学ネット高校生ブログランキング 
tag cloud
blogram
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。